• 亀山

秋田スティーラーズについて

最終更新: 2020年12月12日


1、選手

  3x3は、1つのチームに対し選手を6名まで登録することが可能です。そのうち、現在秋田スティーラーズとして活動しているのは、関東在住の3名です。

  まず、3x3のプロ選手になるためには、リーグの候補リストに掲載される必要があります。その中からチームオーナが声を掛け契約を交わすという仕組みになっております。


  ”秋田”スティーラーズなのに、なぜ関東の選手?と思われるかもしれませんが、実はここにもチームとしての特徴でもある『県外選手の関係人口を秋田県内に呼び込む』という特徴があります。選手を関東から移住させることで、選手に関わる方達が秋田県に来るきっかけ作りというのを推し進めたいと思っております。

  県内選手のみで固めるというのも、もちろん応援しやすい・親しみを感じられるという意味では良いと思います。ですが、それでは私の考えている地域貢献に必要となる「外から中」への経済・人の流れに限界があると考えています。

  こういった点からも、3名は県外の選手を獲得しております。

 

  ちなみにですが、本来、3x3はホーム&アウェイがないことから、所属チームの拠点への移住を必ずしも必要としておりません。にも関わらず、菅ヶ谷選手におかれましては、秋田への移住を決断してくれています。



2、改名の理由

  私が直接やりとりをさせていただいている方には既に直接ご挨拶とご説明に伺い、また、チームを応援してくださってる方やクラウドファンディングへご支援くださった方へも一方通行ではありますがご報告をさせていただいております。

  しかしその一方で、大変ありがたいことに数多くの方に注目していただき、今では私の知らないところでも話題にしてくださっているほどと感じております。


  そこで、改名の理由に賛否両論のご意見があることは覚悟しておりましたが、誤解を招いていたり説明不足だという声があるように聞いており、再度ブログに想いを綴らせていただきたいと思います。


  まず、私が3x3チームを設立したいと考える背景には「スポーツの力で秋田県を盛り上げていきたい」という点にありました。秋田県は私の地元であり、高校卒業後に一度離れてしまったものの、秋田の人の温かさや自然いっぱいで落ち着くところなど、“なにもない”と言われる秋田が大好きです。そしてそれは、秋田県はもちろん日本全国、もっというと世界に向けて秋田の良さをPRしていきたいという気持ちに繋がっています。


  当初、能代スティーラーズとして、能代のチーム・バスケの街である能代から発信していこうと考えておりました。バスケの名門能代工業の名前がなくなってしまうというショッキングなニュースも活動をする上で背中を押される出来事でした。

  しかし、クラウドファンディングの挑戦・地域への広報・営業活動を通して、私の未熟さや力不足な点からも、能代の名前を使って・そして能代を拠点とした活動を断念することとなりました。それは、地域を絞ってしまうことで私が目指している秋田を盛り上げていくという点において、地域の方に予期せぬ負担を強いることになることに気がついたためです。

  能代出身でもない私の活動を、応援・ご期待くださっていた地域の皆様には非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

  また、改名をしたからと言って、能代とは今後一切関わらないというわけではございません。能代を含めた秋田県内全域でイベントの開催や地域活動をして参ります。


  まずは足元を固めるという意味でも、自分の手の届く範囲でコツコツと認知度UPを目指していきます。

  能代がこれまで築き上げてきたバスケブランドを更に強固なものにするため、よりお互いにとって、秋田にとって良い方法を模索しながら活動して参ります。


  どうぞ引き続き変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


115回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

©2020 AKITA.3X3

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now