• 亀山

3x3と5x5の違いってどんな?〜観戦者視点で〜

最終更新: 2020年12月12日

 先日の記事(なぜプロを目指すのか)をご覧いただきありがとうございます。

 個別にたくさんの熱いコメントをいただきとっても嬉しく思っています。熱い気持ちを抱えているボーラーや、支える方々の気持ちや想いをカタチにしていけるよう頑張ります。


 今回は、国内でバスケといえばおそらくほとんどの方がイメージするメジャーな5x5と3x3の違いを観戦者の視点で解説していきたいと思います。

 関連する記事3x3って何?はこちらをご覧ください。


3人制と5人制の違い

 以下の図で解説

 大きな違いというと、ハーフコートで1つのリングで点を取り合うというところでしょうか。さらに観戦者目線で詳しくお話しすると、試合の距離が近く、目線も同じ高さで観ることができ、非常にダイナミックな競技です。1ゲームが10分(もしくは21点先取)なので、展開の早さや勝敗の決まる早さが観客を飽きさせないポイントの一つかと思います。


 そして、大会の特性上、チケットを購入せずにフラッと観戦することが可能なため、バスケに興味のない方へのアプローチが可能となります。

 

 この表では触れていませんが、3x3は、試合中音楽が流れており、DJやMCが試合を盛り上げてくれます。また、音楽だけでなくダンスやファッションとの相性もよく、若い世代を中心に盛り上がっています。


 今回は、観戦者目線として大きな異なるポイントをお話ししましたが、次回はする側の視点で競技自体の違いについて触れていきます。


 ここまでお読みいただきありがとうございました。

 また次回お楽しみに🙌

 

34回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

©2020 AKITA.3X3

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now